4729 件掲載中
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

『 思いもよらない瞬間に(驚) 』

—フィッシュマンズが歌う「天使」について—

 「天使」という言葉を聞いて、何が思い浮かぶだろうか。いわゆる「羽の生えた子供のような姿」を思い浮かべる人が多いであろう一方で、ある人にとってそれは愛しい恋人であったり、大切なペットであったり、憧れのアイドルやアニメのキャラクターであったりするかもしれない。
 つまり「天使」とは、それぞれによってイメージするものが異なる存在だということだが、そこに共通しているのは「幸せをもたらすもの」や「生きがいになる対象」だということ、すなわち「救い」になるようなものであるということではないだろうか。
 では、「天使」がそのような存在だとするなら、もし誰かに「天使とはあなたのことです」と指さされたら、その時あなたはどう思うだろうか。
 
 フィッシュマンズの「頼りない天使」という曲は、そうした「思いもよらない瞬間」の、驚きと喜びが溢れ出す瞬間を切り取った楽曲であるように思う。
 そんなこの曲のはじめに歌われるのは、喜びとは正反対の茫漠とした悲しみだ。

 
《遠い夜空の向こうまで連れてってよ
 あの娘の天使のとこまで 連れてってよ》


 諦めにも似たこの悲しみは、この後の一節にある


《やさしい天使が降りてきたら
 きっと あの娘は喜ぶさ》


 という、「天使だけがあの娘を喜ばせる」のだという無力感からもうかがえる。しかし、バンドの中心人物である佐藤伸治の作品の多くが、ある一定の「諦観」を通奏低音として持つなかで、この曲が傑出しているのは、《遠い夜空》に思いを馳せる諦観の視線が突然「地上」に降りてくる点にこそある。

 
《なんて不思議な話だろう
 こんな世界のまん中で
 僕が頼りだなんてね》


 ここに描かれているのは、《遠い夜空の向こう》ではなく《世界のまん中》で起きていることだ。そして、佐藤伸治が歌っているのは「自分が誰かに必要とされている」という、意外な報せへの驚きと戸惑いである。
 そうした逡巡はやがて、


《なんて素敵な話だろう
 こんな確かなことが
 今もそばにあるなんて》


 という「喜び」へと変わっていく。その喜びとはいうまでもなく、自分が誰かにとっての「頼り」であるという事実への、静かな歓喜のことだ。だから、佐藤伸治はおそらく「戸惑う《僕》」の様子を指して「頼りない天使」であると、この曲に名付けたのではないだろうか。

 とはいえ、たしかに「私は誰かにとっての天使です」と胸を張って自認する人はおそらくいない。だから、この曲に描かれるようなことなど、思い上がりか勘違いで、現実離れしていると切り捨てるのは容易なことだ。
 ただ、「頼りない天使」に歌われている光景が、あながち「奇跡的」なものではなく「日常的」に起こりうるものなのかもしれないと思うのは、この曲を聴くたびに、昔読んだ中島らものエッセイを思い出すからだ。

 「その日の天使」というその作品で、中島らもはこう語る。


《一人の人間の一日には、必ず一人、 「その日の天使」がついている。

 その天使は、日によって様々な容姿をもって現れる。 少女であったり、子供であったり、 酔っ払いであったり、警察官であったり、 生まれて直ぐに死んでしまった、子犬であったり。
 (中略)
 こんな事がないだろうか。 暗い気持ちになって、冗談でも”今自殺したら”などと考えている時に、 とんでもない友人から電話がかかってくる。
 あるいは、ふと開いた画集かなにかの一葉によって救われるような事が。 それはその日の天使なのである。》
(「その日の天使」『恋は底ぢから』)


 私たちはとかく、自分のことを「救う」存在であるというよりも、「救われる」存在であると認識しがちだ。それは実際に、地上に生きる「その日の天使」たち––––家族や友人はもちろん、赤の他人であったりもする––––に、日々救われながら生きているという実感があるからだ。だからこそ、「頼りない天使」の《僕》のように、《遠い夜空の向こう》のどこかにいるはずだと、「他者」の中から「天使」を探しては、一喜一憂している。

 しかし、実は自分の何気ない行動や言動も、気づかないうちに誰かにとっての「救い」になっているかもしれない、つまり自分も「天使」になりうるのかもしれないとしたら。「頼りない天使」と「その日の天使」という二つの作品は、そんな途方もない希望が、きっとゼロではないと信じさせてくれるのだ。
 そして、頼りない自分でも「思いもよらない瞬間に、思いもよらないことをしているのかもしれない」という希望を持って生きていくことは、「天使」を見つけることと同じくらい、きっと私たちを強く変える。佐藤伸治が、《あの娘の信じた確かな気持ちは きっと僕を変えるだろう》と歌ったように。


講評
フィッシュマンズが1992年にリリースした“頼りない天使”を再評価、再解釈した文章です。この楽曲における「天使」の意味合いから、ボーカル・佐藤伸治の作家性を分析。さらに中島らもの『その日の天使』というエッセイも取り上げることで、説得力のある明るい気づきをもたらしています。デビュー30周年を迎え、映画も公開されたタイミングで、彼らをリアルタイムで知らない人にも、いま一度その魅力を届けました。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい