4729 件掲載中
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「ありがとう」を何度でも

ここからまた歌い響いていく伊東歌詞太郎の音楽へ

「ありがとう」
この言葉を生きているうちに、何回伝えられるのだろう。
そして、その何回をこの意味を噛み締めて、心から伝えられるのだろうか。

私には、”伊東歌詞太郎”というかけがえのないアーティストが一人いる。
いつも全力で歌を歌い、音楽を聴いている“あなた”を大切にしてくれる音楽人だ。

音楽を聴いてもらえることは当たり前じゃない。
そんな彼の経験から、強く、いつも、どのライブでも「歌を聴いてくれてありがとう」という言葉をこちら側に伝えてくれる。

一番最初にその思いを聞いてから、
「ありがとう」という気持ちを受け取ってから、
今まで、その思いの温度が褪せたことは一度もない。
それって当たり前のことじゃないと思う。

ありがとうと言えることさえできればいいと思っていた。
言えることが大事なんだと。
でも、それは違っていた。
この人物の有難いという気持ちのこもった言葉を聞いて、それは相手に確かに伝わるものだと気づいた。
わたしもそんな人になりたいと思った。
嘘がない言葉は、温度を持ってちゃんと心に届くのだ。

それは彼の歌にも表れている。
嘘偽りなく、全てを懸けて歌う歌には確かに魂が宿るのだ。
息を呑むような音楽の世界に、場が音に染まる。
そんな演奏の後、拍手が鳴り止まない。
お世辞でもなんでもなく、ただただ奏でられた音楽へ客席側からの気持ちだと思う。


数え切れないほど、彼の楽曲を聴いた。
何度もライブへ足を運んだ。その全てが心に残っている。
歌う歌に何度、力をもらったのだろうか。

そんな彼が、メジャーへ再復帰を果たした。

2021年7月25日に開催された
ワンマンLive「からだ」

2014年に初のワンマンLiveツアー「こころ」、2015年には全国ワンマンLiveツアー「わざ」
そこへ数年の期間を経て、「からだ」が開催された。
その数年の期間、このタイトルを付けられない理由があったのだ。それまでのことは、彼だけが全てを知っている。想像しているより遥かに、悔しく険しい日々を越えて実現したライブであったと思う。

しかし、そんなライブだからこそ
ただただ真っ直ぐに
心・技・体で
歌ってくれていたように感じた。

“もう一度、メジャーへいきたい”
何度も聞いてきた彼の夢の一つ。
無粋な推測で複雑な気持ちになった日も正直あった。

しかし、メジャーが決定したという発表を聞いたとき、
自分でも驚くほどに純粋にただただ嬉しかった。その日一番大きな拍手をしながら、胸には喜びの気持ちしかなかった。
本当におめでとうございます、と心から伝えたい。

わたしはたくさんの人に彼の音楽が届いて欲しいなと願う。
押しつけるわけはなく、いろんな人に彼の歌が巡り合うといいなと思う。
夢を追いかけ、進み続けている彼の音楽は
優しく、かっこいいのだ。


彼の楽曲に『magic music』というものがある。
彼のライブへの想いが詰まった曲だと思っている。

ドラムとベースが体の奥に響くのを感じ、
色彩あふれるキーボードの音色と痺れるようなギターの音がかき鳴らされ、彼の歌声が心に届くあの空間が大好きだ。

ー音楽は魔法ー

彼の音楽に出会ってから
わたしの日々の全てに
一緒にいてくれた音楽があった。

きっとこれからも
伊東歌詞太郎は変わらずありがとうと言い続けてくれるだろう。

音楽は聴いてもらえないと価値がない。
彼はそう言う。

鳴らしてくれないと音楽は聴けない
と私は思う。

音楽が聴けたら、
誰でも、なんでもいいわけはないのだ。

心に響く歌を歌ってくれた、
生きていく力をくれたことに「ありがとう」を伝えたい。

変わらない思いを歌い続けてくれるロックスター。
変わっていく心境の表現をこれからも聴いていたい。


メジャーという道を掴み、
ここからまた歌い続けていく伊東歌詞太郎の音楽に幸が多からんことを願い、応援し続けていく。

そして、「ありがとう」を何度でも伝えたい。
  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい